FC2ブログ
災害ポータル .Japan

災害大国 【日本】 の過去を学び 将来の防災・減災に備える

プロフィール 

鷹とら@HiMiE!

Author:鷹とら@HiMiE!
ますます酷くなる自然災害に立ち向かう

このブログは「FX自動売買を副業」としている「鷹とら」が運営しているブログです。ここで「FX自動売買と災害情報って関係あるの?」と思ったアナタ! 実は相場は大地震等でも大きく動くので、私は地震等の災害情報もいつも気にかけています。まだ始めたばかりで情報は少ないのですが、これからガンガン情報を集めて行くので宜しくお願いします。



☆☆ 【ブクちゃん】プロフ ☆☆

オレの名前は「ぶく」 自分の事オレって呼んでるけど4月で8歳になった元保護犬のミックス女子なんです。ぐいぐい来られると恥ずかしくてツンツンしてしまいますが仲良くなれるとデレデレなツンデレ娘&ちょっとビビリなワンコなんです





アナタの応援ポチが更新の力になります
1日1回のポチをお願いします



鷹とらのもう一つのブログを紹介します

ブクちゃんブログ





カテゴリ 

最新記事 

雨雲レーダー 



RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QR

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

地球は美しい 






Flag Counter

2000年(H12) 【 鳥取県西部地震 】 境港市・日野町で震度6強 

災害ポータルJapan






〇 忘れてはいけない過去の災害を記録する






このページは過去の災害を記録するページとなっています。当時、災害に

あわれた方や記事の内容に恐怖を感じる方は記事の観覧をご遠慮下さい

過去の災害を学ぶ事で未来の災害に備える。普段の心掛けが大事です






・2000年(H12) 【 鳥取県西部地震 】 境港市・日野町で震度6強








震度階級改正以来、初めて震度6強を記録した「鳥取県西部地震」は鳥取県西部

を震源として発生した地震である。地震の規模が大きいわりに震源地が山間部で

人口が密集していない地域であった為、死者は出なかった。鳥取県ではこの地震

の2ヶ月前に、震度6強クラスの地震が鳥取県西部で発生することを想定して防災

訓練を実施していた為、その成果として地震発生から10分後には行政および消防

当局が対策を実施することができた。これは普段からの訓練が震災時に発揮され

る好例となった。この地震は内陸地震であったため津波の発生は無く、ほど近い大

山(だいせん)の火山活動に影響を与える事も無かったのは幸いであった。






bandicam 2019-02-19 16-51-32-792






・被害の詳細

負傷者182人

住宅全壊435 半壊3,101

一部破損18,544






・まとめ、鷹とらの見解

鳥取県は、この西部地震の他にも中部地震も起きており、結構地震が多いイメージ

があります。断層の数が多い地域では無いのですが活動が盛んな活断層が有ると

言えると思います。こんな言い方をすると誤解を招くかも知れませんが、人口密集地

で無ければ、震源が海上より内陸の方が津波が無い分、被害は少なくて済むとも言

えます。ただ、実際には真下から突き上げる様な縦揺れは怖いので、海上でも内陸

でも地震の怖さは一緒ですね。



日本に住んでいる以上、地震災害から逃れる事は出来ません。ですが、防災・減災

は日々の心掛け次第で大きく変わります。他人事と思わずに備えましょう。そして、こ

れから家や土地の購入を計画されている方は、どうか慎重にハザードマップや活断層

マップなどを確認して津波災害や液状化災害などの可能性が低い地域を探して下さい






    



    






良かったら「ポチっと」お願いします







bandicam 2019-01-28 14-09-33-705bandicam 2019-01-28 14-09-33-705


2019/02/19 17:50|過去の災害記録【地震】
 
ニャンコ時計 

Sweets

命の水・保存食・携帯食料 









生き残る為に備えよう 



























家の中で死なない為に 











ライフライン崩壊(電気) 

















ライフライン崩壊(ガス) 







ライフライン崩壊(水道) 













Copyright(C) 2006 災害ポータル .Japan All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.