FC2ブログ
災害ポータル .Japan

災害大国 【日本】 の過去を学び 将来の防災・減災に備える

プロフィール 

鷹とら@HiMiE!

Author:鷹とら@HiMiE!
ますます酷くなる自然災害に立ち向かう

このブログは「FX自動売買を副業」としている「鷹とら」が運営しているブログです。ここで「FX自動売買と災害情報って関係あるの?」と思ったアナタ! 実は相場は大地震等でも大きく動くので、私は地震等の災害情報もいつも気にかけています。まだ始めたばかりで情報は少ないのですが、これからガンガン情報を集めて行くので宜しくお願いします。



☆☆ 【ブクちゃん】プロフ ☆☆

オレの名前は「ぶく」 自分の事オレって呼んでるけど4月で8歳になった元保護犬のミックス女子なんです。ぐいぐい来られると恥ずかしくてツンツンしてしまいますが仲良くなれるとデレデレなツンデレ娘&ちょっとビビリなワンコなんです





アナタの応援ポチが更新の力になります
1日1回のポチをお願いします



鷹とらのもう一つのブログを紹介します

ブクちゃんブログ





カテゴリ 

最新記事 

雨雲レーダー 



RSSリンクの表示 

リンク 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QR

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

地球は美しい 






Flag Counter

昭和43年・台風16号 【 第3宮古島台風 】 カテゴリー4 スーパータイフーン 

災害ポータルJapan






〇 忘れてはいけない過去の災害を記録する






このページは過去の災害を記録するページとなっています。当時、災害に

あわれた方や記事の内容に恐怖を感じる方は記事の観覧をご遠慮下さい

過去の災害を学ぶ事で未来の災害に備える。普段の心掛けが大事です






・昭和43年・台風16号 【 第3宮古島台風 】 カテゴリー4 スーパータイフーン

bandicam 2019-02-04 17-59-10-879






第3宮古島台風は沖ノ鳥島の南南東の海上で発生し宮古島付近を通過、鹿児島県串木

野市付近に上陸。その後、勢力を衰えさせながら佐賀県から長崎県にかけて円を描くよ

うに進む。最大風速は宮古島で54.3m/s久米島で43.7m/s枕崎で37.5m/sを、観測する

など台風の近くで暴風が吹き荒れた。また台風の北上に伴い前線の活動が活発になり

九州東部、四国南部、紀伊半島南部で大雨となり、尾鷲で一日で806.0ミリの降水。宮

古島では暴風により全体の7%の807戸が全壊、鹿児島では塩風や高潮による被害が

大きく、西日本の太平洋側は大雨による浸水被害が大きかった。





・被害の詳細

死者 - 11名

負傷者 - 80名

住家損壊 - 5,715棟

住家浸水 - 15,322棟

耕地被害 - 2,747ha

船舶被害 - 85隻






・まとめ、鷹とらの見解

台風の災害では、浸水災害や土砂災害が起きやすいエリアが存在します。

浸水災害・土砂災害については、これはもう危険な地域に絶対住まない事しか無い

と鷹とらは思います。「先祖代々その土地を受け継いできた」など、様々な事情が有

るのは解ります。ですが今後、益々地球温暖化が進み浸水災害・土砂災害が増えて

いくと思われる日本で、災害に怯えながら生活を続けていくのは、いかがなものでし

ょうか?どうしても引っ越す事が出来ない事情がある方は最大の備えをオススメしま

す。そして、これから家や土地の購入を計画されている方は、どうか慎重にハザード

マップなどを確認して災害の可能性の低い地域を探して下さい。家や土地は買って

から慌てても遅いので、慎重に検討しましょう。






    



    






良かったら「ポチっと」お願いします







bandicam 2019-01-28 14-09-33-705bandicam 2019-01-28 14-09-33-705


2019/02/25 11:21|過去の災害記録【台風】
 
ニャンコ時計 

Sweets

命の水・保存食・携帯食料 









生き残る為に備えよう 



























家の中で死なない為に 











ライフライン崩壊(電気) 

















ライフライン崩壊(ガス) 







ライフライン崩壊(水道) 













Copyright(C) 2006 災害ポータル .Japan All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.